博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

福岡市近郊の海釣り 釣りの豆知識 釣具、釣り小物

モエビの餌の連玉仕掛けでヘダイを釣ろうと志賀島まで出かけた博多の釣りバカ

投稿日:

今日は、朝早くから西戸崎在住のK君が志賀島の旧国民宿舎でマキエを撒いたウキ釣りをしているので状況をLINE電話で聞いたら、朝方にメイタとヘダイがパラパラ・・と数枚ずつ釣れたとのことでした。

釣り場は凄く浅いタナの釣り場であることは、前回ここで竿出しをした小郡市在住のKさんの様子を見て把握しているので、モエビを餌にした連玉仕掛けで釣れるかも?と思い、自室のベランダで連玉仕掛けを作りました。

暫く使っていなかった磯竿を2本出して、まずは水拭き。

釣り研の飛ばしななめをワザと付けずに、スーパーボールを付けて、5つのシモリを爪楊枝で止めて、爪楊枝を短くカットしました。

ハリスから下は、釣り場の状況に応じて作れば良いので、このまま竿先のプロテクターをして、ロッドケースに予備の磯竿と共に入れました。

活躍するかどうかも分からない2組のストリンガーも、ロッドケースのサイドポケットに入れておきました。

スポンサードリンク



ラーメン膳で腹ごしらえをして馬場釣具でエサを買った!

自宅を出て、上牟田のネコがたくさんいる八百屋の軒先の柿と山川ミカンを買って釣りに行くことにしました。

お昼ぐらいに自宅を出たので、モエビを売っている名島の馬場釣具に行く前に、箱崎のラーメン膳に寄ることとしました。

旨い、早い、安いの3拍子が揃ったコスパ抜群のとんこつラーメンが売りのお店で、私はここに行くと、大盛りラーメンとご飯を食べるようにしています。

大盛りラーメンとご飯で530円ながら、十分美味しいので、東区に用事があるときは、ここで昼飯を食べるのを楽しみにしているのです。

さて、モエビを置いている釣具屋さんが少ない中、頑張っておいてくださっているお店が名島の馬場釣具です。

モエビは気温が暖かいと、水槽の中に入れておいても次々に死んでいくために、「仕入れ値」すら回収できないぐらい厄介なエサなのです。

なので、釣具の量販店などはナントカカントカ理屈を並べて、販売しようとしません。

利益を出すのが営業活動の掟ですから、分からないでもありませんが、どんな高価な釣具を使っても、肝心の餌がダメだと、釣りにはなりません。

ですが、私が釣具店の経営者だったら・・、いろいろなことを勘案すると、やはりモエビは置きたくないエサです。

モエビはチヌとスズキとメバルには効果抜群なエサでもあるのですが、釣具店にすると、赤字を出してまでは売りたくないエサでもあるということです。

馬場釣具でモエビを購入するときは、玄関口の右側に水道の栓があり、予め自分で容器の中に水を入れて、モエビを注文することとなっています。

奥さんは正直な方で、「たいていは小さなモエビしかいない!」と言われていましたが、それを承知で買いに行きました。

今の時期はなかなか大きなモエビが揃わないことは、30年以上も前から知っているつもりです。

スポンサードリンク



晴天の中ドライブがてら志賀島を目指した博多の釣りバカ

昨夜は雨が降ったせいもあり、空気が澄んでいました。

スピード違反を取り締まる場所で有名でもあるので、必ず左車線を走り先頭を走らず、スピードを出さないようにして運転するのがここでのコツです。

大岳海岸ではたいてい釣り人が投げ釣りをしています。

志賀島に入り目的地に着きました。

チヌ釣り三平みたいにチヌを釣りまくるK君が竿を出していました。

こんな浅い場所で、デカいチヌやヘダイを釣ることが出来る若いのですが腕利きの釣り人です。

スポンサードリンク



潮が動かないことと朝方のみの食いが最近の特徴でダブルパンチ

モエビを持って目指す釣り場に到着すると、K君が丁度ボラを掛けたところでした。

K君の愛用のがまかつ がま磯 マスターモデル2 チヌ M-50 がキレイな弧を描いています。

私もモエビを餌にして連玉仕掛けを投げ込みますが、たいていはエサが瞬殺です。(涙)

かろうじて連玉ウキにアタリが出てアワセを入れても、アタリもなくエサを盗る犯人が釣れるだけです。

K君がマキエを撒くと、クサフグとバンチャゴとサンバソウがマキエを突きに来ます。

私もエサ取りにめげずハリに餌を付けて投げ続けましたが、たまにアタリがあって釣れるのはこちら。

キスが3匹とクサフグが2匹。

K君もアタリがないので、早々と道具を片付けました。

そうしているとH君も釣り場にやって来て釣り談義。

潮がほとんど動かいないために、連玉仕掛けも投げたらじっとしています。

このような状況ですと、いくらマキエを撒こうとエサを替えようと、釣果は知れていますので、ここでの釣りは辞めました。

この場所で私が竿を出した時間が、連玉釣りには不向きだっただけです。

本日はこの場所での釣りは諦め、3人で次の場所に向かうことにしました。

秋の夕暮れは眺めるだけで癒されます。

スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り, 釣りの豆知識, 釣具、釣り小物
-, ,

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.