博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

福岡市近郊の海釣り 釣りの豆知識

メバルの落とし込み釣りがメインの私にチヌやスズキが釣れるワケ

更新日:

私は10年前から博多湾の湾奥で、メバルを落とし込み釣りで狙いつづけてきました。

 
悲願の目標というわけではないにせよ、

・博多湾の湾奥で
・落とし込み釣りで
・尺メバルを釣りたい

と、単に毎年どの時期にもメバル中心の釣りを計画してきました。
 
メバルって春の魚じゃない?と思う方がおられるかもしれませんが、真夏の8月から残暑の厳しい9月にも、数は極端に数が少なくなるものの皆無ということはなかったのです。
 
ですが、近年は年を経るごとにメバルが釣れなくなっている気がしてなりません。
 
いろいろな理由が考えられますが、博多湾の湾奥でマジで少なくなったのがメバルです。
 
スポンサードリンク




 

メバルの落とし込み釣りとチヌやスズキの落とし込み釣りでは仕掛けは同じ

 
基本的に余程のことがない限り、私はリールには3号のミチイトを巻き、ハリスはフロロカーボンの1・5号を1ヒロぐらいとって、ハリは今現在チンタメバルの8号~9号を使うことが多いのです。
 
エサも半夜釣りがメインですから、アオムシ(アオイソメ)オンリーがほとんどです。
 
ケミホタルをハリから2ヒロのところに付属の透明ビニールパイプで止めることも、全く違いはありません。
 
ただし、探るタナがやや違います。
 

メバルはどうかすると、水深1メートルぐらいで入れ食いになるときもありますが、チヌやシーバスはもちろんこれぐらいのタナで釣れることもありますが、やや深めの2ヒロ~3ピロのほうがよく釣れます。
 
もちろんですが、メバルも日によっては2~3ピロのタナでよく釣れることもあり、どうかすると9メートルもある埠頭の岸壁の海底付近で釣れることも多々あります。
 
つまり、同じ場所で、同じ仕掛けで、同じエサで、同じタナを釣っていますと、メバルだけ!だとか、チヌやシーバスだけ!狙うとういうことは、ほとんど無理なのです。
 

時期や年によっては、これにアラカブやタケノコメバルも加わりますし、いろいろな魚が釣れるんです。
 
半夜釣りで、エサがアオムシ(アオイソメ)の場合は、数多くの種類の魚が釣れるものですし、予期せぬ魚も釣れるんです。

昨年釣ったイシガキダイには驚かされましたが、このような魚も釣れるんです。
 
スポンサードリンク




 

アオムシ(アオイソメ)をエサにしたときに落とし込み釣りで一番釣れる魚とは?

 
半夜釣りで、アオムシ(アオイソメ)をエサにしたときに一番よく釣れる魚は何だと思いますでしょうか?
 
私の経験上、年間を通じて一番よく釣れる魚はサイズを度外視すれば、間違いなくシーバスです。
 
その次がメイタ~チヌだと思います。

 
シーバスもメイタ~チヌもそれぞれに人気が高い魚であることは、私が言及するまでもありません。
 

箱崎埠頭の多々良川河口の旧貯木場に落とし込み釣りでメバルを狙いにいきました!

 

若い方はご存知ないかもしれませんが、昔はここは貯木場だったところで、海面におびただしい数の丸太が浮かんでいたんです。
 
ここはメバルが多いことで昔から知られていたところで、ここにメバルを狙いに行きました。
 
ですが、1投目に釣れたのがこちら。

チヌが釣りたくて行ったわけではないのに、釣れるのがチヌです。^^;
 
もちろんすぐにリリース。
 
毎年この時期にメバルが結構釣れるポイントを探りましたが、全くアタリがありません。^^;
 
諦めるのも腹立たしいので、全く違ったポイントを信じられないほどの浅いタナで探りますと、メバルが釣れました。

20センチにはもう少し足りないのですが、ギリお持ち帰りできる18センチを超えています。
 
私は17センチ以下のメバルは基本リリースするようにしています。
 
その後、場所は離れてはいますが立て続けにメバルが4匹釣れました。

 
ですが、この後がいけません。
 
メバルがいないんです。^^;
 
今年はいろいろな釣り場を探っても、博多湾の湾奥では1回の釣行でメバル4匹ぐらいがやっとなんです。(涙)
 
いやはや、メバルの落とし込み釣りでメバルを釣るのにこんなに苦労するとは!!
 
まとめ
 
今年の博多湾の湾奥は、メバルがすごく少なく感じます。
 
さりとて、糸島の唐泊漁港や西浦漁港や志賀島の東波止、西波止に行っても15センチ以下のメバルは、バカスカ釣れるんですが、そんな小さなメバルをいくら釣っても意味も意義も感じません。
 
大物のメバルを狙いたいと思うほどに、バイプレイヤー(脇役)が良く釣れます。
 
この日もあと1匹釣ったら納竿とばかり、エサを付け替えて浅いタナを狙いますと、釣れたのはこちらです。

 
博多湾の湾奥で、落とし込み釣りでよく釣れるNO1の40センチぐらいのシーバスです。
 
メバルを狙うために、あえて海面から1メートルぐらいのタナを狙っても、釣れるのがシーバスなんです。^^;
 
狙っても釣れないメバル!!
 
やめておけばよいのに、釣れない年ほど余計に釣りたくなるのが釣りバカの性分ではないでしょうか?
 
それがほとんど無駄であることも熟知した上で、メバルをメインに狙う私はアンポンタンです。
 
アンポンタンの釣りバカを反面教師として、釣れる魚を釣っていただければ!とも思う次第です。
 
スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り, 釣りの豆知識
-

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.