博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

福岡市近郊の海釣り

メバルの胴付き釣り仕掛けから落とし込み釣り仕掛けへチェンジ

投稿日:

今日は終日いい天気で、11月後半とは思えぬ温かさでした。

そんなことはどうでも良いのですが、メバルが釣れない博多湾を私なりにいろいろと勘案した中で、もしかしたら??という期待感を持って、こちらに出向きました。

博多湾フェチいや、箱崎埠頭フェチであれば、この画像がどこから撮影したものであるかはお分かりいただけるはずです。

昔懐かしい箱崎埠頭のメバルの特急ポイント

今は立ち入り禁止になっているこちらも、しげしげと見ました。

この角地は、昔から博多湾随一のメバルの特急ポイントでした。

ここは知る人ぞ知るGWぐらいのコウイカの特急ポイント。

そしてこの角地は、私が昔大型のアイナメを何本も釣り上げたマル秘ポイントでしたし、メバルとアラカブやタケノコメバルの多いポイントだったんです

でも、眺めて写真を写しただけで、竿なんか出しませんよ~!!

スポンサードリンク



背水の陣を敷いてのメバル釣りは、やはり箱崎埠頭のポートオブ博多

いつものポートオブ博多の角地に行きますと、サビキでアジゴを釣っている方がおられました。

釣り人は違えど、この角地では必ずサビキでアジゴを釣っている方がいます。^^;

見慣れたこの場所から、徐々に沈んでゆく夕日を眺めていました。

スポンサードリンク



メバル狙いの胴付き釣り開始!

サビキ釣りをしている方にも小さいながらメバルが釣れています。

今日は、いけるかも??と思いつつ胴付き仕掛けのオモリを付けるところにもハリを出しました。

すると、釣れるのはこちらばっかり!

思い切って、タナを上げてアタリを待ちますと、釣れるのはこちら。

18センチぐらいのアジゴ。

10センチちょいぐらいのグチ。

そしていつものサイズのセイゴ。(涙)

辺りは徐々に暗くなり、20センチオーバーのメバルを期待したんですが、やはり釣れるのはこのサイズ。

写真がブレていてすみません。

その後、100メートルぐらい探りましたが、チビメバルとハゼばかり。(涙)

鬼殺しのおっちゃんがいない箱崎バナナへ

胴付き釣り仕掛けは諦めて、落とし込み釣りの仕掛けに替えて箱崎バナナに向かいました。

なぜかしら鬼越のおっちゃんことKさんはいないみたいで、立ち入り禁止の金網の前からヘチを探っていきました。

セイゴが一段と小さくなっています。

釣れるメバルは、極小サイズばかり!(涙)

Kさん登場!!

そうこうしているうちに前方の暗闇の中から、見慣れた歩き方をする御仁が!!

案の定Kさんで、今日は珍しく鬼殺しを持っていませんでした。

私が冷やかしますと、「休肝日なんよ~!!」などと、らしくもない返事が返ってきました。

私が竿を出している横で45分ぐらいお話をして、帰っていかれました。(驚!!!)

Kさんがいなくなってから小物が入れ食い!!(爆)

なぜかしら、Kさんがいなくなってから、kのばかりが入れ食い。

驚いたことに、12センチ程度のタケノコメバルの口から出てきたのがこちら。

夏場にカニ獲りで獲れるイシガニ(岩ガニではない!)のチビちゃん。

まだ生きています。

タケノコメバルは、このようなものを捕食していることが分かりました。

8時半で納竿としました。

どこに行っても、メバルは小さいサイズばかり。

今日みたいな暖かい日が釣りにとって、良いのか悪いのかすら分かりせん。

釣れるのがどれも小さなものばかり。

冬場の博多湾を想像するだけで、いやになります。

スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り
-,

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.