博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

福岡市近郊の海釣り 釣りの豆知識

メジナ(クロ)を落とし込み釣りで釣りたい方へのアドバイス

投稿日:

北九州市在住の勤務先の後輩たちの多くは、大分の蒲江や鶴見などに赴き、瀬渡しで当番瀬に渡りメジナ(クロ)を狙う連中が多いのです。
 
中には、某釣り雑誌のグラビアを飾るような後輩たちもいて、●釣会などという釣り倶楽部を結成しています。
 

 
別に彼らの影響を受けたわけでもないのですが、私も職場の他の勤務先の釣り好きの方と仲良くなり、玄界島の近くにある柱島や平戸の尾上島などにメジナ(クロ)釣りに、足繁く行っていた時期もあるんです。
 
ウキ釣りに凝りました。^^;
 
全誘導や沈めさぐり釣りが流行る中、私がもっぱら使っていたウキ仕掛けは、こちらの連玉仕掛け。
 

 
いくつものシモリウキが海中に消し込む様は、例えようのない興奮と感動を覚えました。
 

 
ですが、マキエを全く使わずに、ウキも使わずに足の裏サイズのクロを本気になれば結構釣れるのが、落とし込み釣りでもあるのです。
 
スポンサードリンク




 

マキエもウキも一切使わずに足の裏のメジナ(クロ)が釣れる落とし込み釣り

 
メジナ(クロ)釣りでは、オキアミと比重の軽い集魚剤を混ぜたマキエを使ってウキで狙うのが常套手段なはずです。
 
マキエを撒くと、エサ取りばかりが集まり、足元にマキエを撒いてエサ取りをかわしたり、あの手この手を使う楽しみ方もあることを経験しました。
 
しかし、マキエも一切使わずに、ウキも使用しないでメジナ(クロ)が釣れる釣り方もあるのです。
 
それは何を隠そう「落とし込み釣り」なんです。
 
ここ10年近くの私は、夕マズメからの半夜釣りで防波堤や埠頭のヘチを狙うことが多く、エサはほとんどアオムシです。
 
四季を通じて私の一番のターゲットはメバルで、チヌや大型のシーバスは今の私にとっては外道です。
 
年なしの50センチオーバーのチヌが釣れるより、20センチオーバーのメバルが釣れるほうが私にとっては嬉しいのです。
 
これには、「妻の魚に対する嗜好性」が大きくかかわっていて、釣り人としては家人が喜ぶ魚を釣りたいという心理がどうしても働きます。
 
で、メジナ(クロ)も、少なくとも我が家では歓迎される魚ではありません。^^;
 

 
落とし込み釣りで釣れた足の裏サイズのメジナ(クロ)を何度か持って帰り、妻からダメ出しを食らった経緯があるんです。(涙)
 
なので、真剣に狙わなくなりました。
 
ですが、不思議なもので、妻が喜ぶ20センチオーバーのメバルは、眉間に皺を寄せてマジで狙ってもなかなか釣れないのに、足の裏サイズのクロなどは、いい加減な狙い方をしても次々にハリに掛かるのです。^^;
 
どんなサイズだろうとメジナ(クロ)は絶対持って帰らないので、殺気がないことをメジナ(クロ)が感じるのかもしれません。
 
それと比べると、メバルを狙うときは、殺気の塊と化しているのかもしれません。
 
釣り人として、魚に殺気を気取られるようでしたら、まだまだ未熟な証拠です。^^;
 
落とし込み釣りでメジナ(クロ)を釣る最大のコツは釣り場です。
 
オーバーハングになっている場所や堤防が空洞になっていて、潮通しが良く、隠れる場所があるところがメジナ(クロ)の溜まり場になっています。
 
一番顕著なポイントはこちらです。

箱崎の多々良川沿いの旧貯木場のポイントです。
 
ここでは例年これからの時期メジナ(クロ)が湧きます。
 
落とし込み釣りで釣ると、いやになるほど釣れることがあります。
 
スポンサードリンク




 

落とし込み釣りで狙うメジナ(クロ)の釣り方

 
落とし込み釣りでメジナ(クロ)を狙いたいのであれば、要領は全く難しくありません。
 
ハリスは1・5号、ハリはメバルバリの8~9号、ガン玉はBから2Bをハリスに噛ませます。
 
エサはアオムシを使い、たらしは4センチぐらいがベストです。
 
一番のキモは狙うタナなんですが、深くて1ヒロ。
浅いときは、1メートルから50センチぐらいでも釣れるんです。
 
しかしながら、この狙うタナを間違えますと、全然釣れません。
 

先に述べましたように、私はクロを狙いたいわけではありませんので、ムキに真剣に狙ったことはありませんが、メジナ(クロ)がいる場所では、適当に狙っても二桁ぐらいは、短時間で必ず釣れます。
 
但し、浅いタナでハリ掛かりしたメジナ(クロ)は釣り味に欠けます。
 
足の裏サイズですと、スリルもありませんし、すぐに釣れるためにすぐに飽きます。
 
数日前にアイランドシティでメジナ(クロ)ばかりが食ってきた記事を読んで、勤務先の後輩のS君が同じ釣り場に行ってチイチイフグしか釣れなかったという報告を目のあたりにして、逆に驚いたんです。
 
恐らく、狙うタナが全く違っていたはずです。^^;
 
ほんの僅かな差が、釣果を大きく左右します。
 
タナが50センチ狂うと、1匹も釣れないかもしれません。
 
釣れる・釣れないの差は、ほんの僅かな違いであることが多いのです。
 
落とし込み釣りでは、水深における縦と横の狙い方が重要になります。
 
アタリがないときは、とにかくタナをいろいろと決めて探ると違った釣果となります。
 
スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り, 釣りの豆知識
-

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.