博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

福岡市近郊の海釣り 釣りの豆知識 釣具、釣り小物

バソキ屋で昼飯を食べて岩ガニを採って中央埠頭で竿を出した博多の釣りバカ

投稿日:

3連休の初日の今日、毎週土曜日恒例の「重いモノ・嵩張るモノの買い物」を済ませた私は、妻のリクエストで3号線沿いにある焼きそばのバソキ屋 西月隈店に行くこととしました。

私が行ったのは、もう10年以上も前だと思いますが、妻がテレビで見たとのことで行きたいと言い出したのです。

妻と入り口にあるメニューを眺めて、それぞれ食べるモノを決めました。

妻は、1番人気の辛玉焼きそばと、にら餃子4つとノンアルビールを注文し、私は普通の焼きそばにおにぎり・味噌汁・にら餃子4つを注文しました。

バソキ屋の焼きそばは、基本的に「想夫恋」の流れをくむ日田焼きそばと似ていて、所々にわざと焦げ目がつくように硬いところがあるのが特徴です。

しかしながら、素材、独自の製法にこだわった日田焼きそばから進化した唯一無二の「博多麵焼きそば」と云うのがバソキ屋の売りです。

表面はパリパリで中はモチモチの麺が実に美味しい焼きそばで、妻は珍しく食べ残さずに完食しました。

スポンサードリンク



干潮に合わせて岩ガニを採りに行った博多の釣りバカ

バソキ屋で昼飯を妻と食べた私は、一度帰宅してすぐに岩ガニを採りに行くこととしました。

今日の博多湾の潮は、明日が大潮の上り中潮で、干潮が14時54分、満潮が21時04分。

いつも岩ガニを釣る場所は、多くの方が入れ代わり立ち代わり岩ガニを採りに来るので、かなり少なくなっています。

前回の岩ガニ採りでは、夢中になって翌日から足腰が痛くてたまらなかったので、今日は短時間ですぐに採れる場所をあえて探しました。

すぐに30匹ぐらいの岩ガニが採れて、今日はこれにて打ち止めです。

カニを採って車に戻る途中で、顔見知りの方たちとお会いしました。

彼らも今から岩ガニ採りみたいです。

スポンサードリンク



いつもより早い15時から竿を出した博多の釣りバカ

実は本日は、現在住んでいる分譲マンションの通常総会が19時よりあり、持ち回りで理事長をしている私は、出席しないわけにはいかないので、早めに竿を出して早めに帰宅するようにしたのです。

岩ガニを採った近くの中央埠頭で竿を出しました。

すると、私よりも後に岩ガニを採った方も、ここで竿を出すことにしたようです。

丁度ど干潮の潮どまりの時間帯でまだ日が明るいせいもあってか、まるでアタリがありません。(涙)

早すぎる時間帯に竿を出したのが、完全に裏目に出ました。

いくら探っても、アタリがありません。

1時間近くアタリがないまま探っていますと、16時30分ぐらいに小郡市在住のKさんが来られました。

沖防のチヌは、今現在岩ガニよりもフジツボで釣果が上がっているとのことで、Kさんは岩ガニとフジツボを香月釣具で買って来たみたいです。

スポンサードリンク



50センチぐらいのシーバスと25センチぐらいのキビレを釣ってボウズを免れた博多の釣りバカ

小郡市のKさんが来たのと同じぐらいに、岩ガニを採りに来た糟屋郡在住の方たちが場所を移動するとのことでいなくなりました。

Kさんと少しだけ釣り談義をして、それぞれが思い思いのスポットで竿を出すこととしました。

しばらくすると本日初の待望のアタリがありました。

しかし、カニエサだけ採られてガッカリ!

すぐに岩ガニをハリに刺して同じところに落とし込みますと、再び竿先が海に吸い込まれるように曲がり始めました。

大体エサがなくなって同じ場所でアタる魚は、シーバスがほとんどです。

慎重に送り込んでからアワセを入れますと、本日初のヒット!

すぐに浮いてきて、やはりシーバスだと分かりましたが、ここからの取り込みが落とし込み用の竿だと実にスリリングです。

一度浮いてきたシーバスは海底めがけて一気に走り出しまして、リールからミチイトを容赦なく引っ張り出します。

シーバスの引きが止まったところで、竿を立ててリールを巻こうとすると再び海底めがけて突っ込みます。

2分ぐらいかけてようやく取り込みました。


丁度50センチぐらいのきれいな魚体のシーバスです。

離れた場所で竿を出していたKさんが私のところに来られて、やはりちょうど50センチぐらいのチヌを釣ったようです。

岩ガニを底まで沈めてアタリがあったとのこと。

最近涼しくなったので海水温が下がり、以前のように浅いタナに浮いていないのかもしれません。

その後、一度だけ竿先を海に吸い込むように曲げるアタリがありましたが、岩ガニだけ食べられてしまいました。

6時近くの納竿間際に再びアタリがあり、ハリに掛かったのはこちら。

25センチぐらいのちっせ~キビレです。(笑)

このサイズのキビレでも岩ガニを食べることにビックリ!

キビレを釣って本日の釣りは終わりとしました。

Kさんは、今日は用事が特にないので9時ぐらいまで他の場所で竿を出してみるとのこと。

風が強くラインコントロールが難しいのですが、こういう時は暗くなるとチヌやシーバスの活性が上がるのでは?と思いつつ、マンションの総会がある自宅に向かいました。

エサの岩ガニもたっぷりいるし、もう少し海辺で竿を出したかった…と思いつつハンドルを握っていました。

スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り, 釣りの豆知識, 釣具、釣り小物
-, ,

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.