博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

福岡市近郊の海釣り 釣りの豆知識 釣具、釣り小物

チヌがアオイソメで釣れる時期となった博多湾の湾奥

投稿日:

2024年の令和6年も6月になりました。

近所のアジサイが綺麗に咲く時期です。

アジサイを見て連想するのは、梅雨時期・アマガエル・カタツムリ・・などなど。

今年は梅雨入りが例年より少し遅いとの予報です。

今日の博多湾の潮は、長潮で満潮が17時24分。

いつも夕方からしか釣り場に行かないので、完全下げ潮狙いとなります。

夕方5時半ぐらいに、岩ガニ4匹と先週買ったアオイソメの残りを持参して、釣り場に向かいました。

旧3号線を通って釣り場に向かう途中、西門橋付近の御笠川の水位はかなり高く、丁度満潮ぐらいなんだろうと思いながら眺めていました。

スポンサードリンク



箱崎バナナに寄ってポートオブハカタで竿を出す博多の釣りバカ

目指すポートオブハカタに行く途中、箱崎バナナに寄りました。

潮井浜橋の下付近などにも、数名のルアーマンがいました。

いつもの場所には、タチウオ狙いの常連さんが来ており、これから竿を出すみたいでした。

釣り人はいても、何かが釣れているシーンには相変わらずお目にかかれません。

ポートオブハカタでは、クルマを積み込む大型船舶が丁度離岸するところでした。

いつもより大型の船がいなくなり、おもむろに仕掛けを作り、日が沈むまでは岩ガニをエサにしてヘチを探ることとしました。

ところが!

先週と同じく、岩ガニのエサでは、全くアタリがありません。

2メートル間隔ぐらいでヘチを刻んで探りました。

北西の風が強く、ヘチに当たった波で白い泡ができています。

うすら寒くなり、カモフラカラーの長袖のパーカーを着て、フィッシングベストを重ね着。

立ち入り禁止の柵があるところまで、1時間かけて岩ガニで探りましたが、アタリがないまま。

150メートルぐらい先に止めてある車のところに戻り、もう一度その付近を探ることとしました。

すると、本日初のアタリがあり、竿先が曲がるのを待っていましたが、カニを齧っただけの魚みたいなので、仕掛を上げてみました。

岩ガニの顔の部分だけ齧っています。

こんな齧り方をする犯人は恐らく、20センチぐらいのチイチイフグ(クサフグ)だと思います。

スポンサードリンク



エサをアオイソメに替えた途端にチヌが釣れた!

クルマを止めた付近で岩ガニが齧られまして、辺りも薄暗くなり始めたので、エサをアオイソメに替えることとました。

太目のアオイソメにハリを刺し、垂らしを10センチぐらいにしてアピール度をアップして探りました。

エサをアオイソメに替えて、5分もしない7時45分ごろに竿先に本日初めての魚らしいアタリが出ました。

竿先を少し下げて、魚に食い込ませてからアワセを入れました!

重量感ある魚の手ごたえが竿を持つ手に伝わり、沖に向かってかなりのスピードで疾走する魚に合わせて、リールからミチイトをかなり出しました。

リールを巻いて魚との距離を縮めようとしますが、魚がヘチに寄ろうとはしません。

時折見せる強い引き方で、年なしのチヌかも?と思いつつ海面まで浮かせてタモで掬い上げました。

思ったほどの大きさではありませんでしたが、なかなかのファイターでした。

メジャーを当てますと、46センチ。

全く珍しくもない、ありふれたサイズのチヌです。

すぐにリリース。

ですが、エサをアオイソメに替えた途端に釣れたので、納竿まで数枚チヌが釣れるかも?と、この時は思ったのです。

スポンサードリンク



思い通りにいかないから釣りがやめられません!

エサをアオイソメに替えた途端にチヌが釣れたので、納竿まで数枚釣れると思いつつ竿を出しましたが、それらしいアタリはまるでありません。

チヌが釣れたポイントから20メートルぐらい離れたところで、明らかにチヌではない魚がアタリました。

正体は、21センチのメバル。

この時期にメバルが出てくるということは、海のコンデションが良いのでは?と思いつつも竿を出し続けましたが、釣れたのはこちら。

18センチぐらいのアジ。

20センチぐらいのシーバス。

35センチぐらいのシーバス。

どれも単発で、同じ魚種が釣れ続きません。

今年の博多湾の湾奥は、明らかに魚の数が少ないような気がします。

今日は9時まで粘りました。

3時間かけてたったの5匹の釣果。

博多湾って、こんなに釣れなかったかな?と、呆れるぐらい今年は魚が少ないような気がいたします。

ですが、アオイソメでチヌが釣れる時期になりました。

梅雨が明けると、カニやカラス貝でしかなかなか釣れなくなるチヌですが、今の時期から梅雨が明けるころぐらいまでは夜釣りでチヌがアオイソメのエサで狙える時期です。

スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り, 釣りの豆知識, 釣具、釣り小物
-,

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2024 All Rights Reserved Powered by STINGER.