博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

福岡市近郊の海釣り 釣りの豆知識 釣具、釣り小物

セオリー通りにいかない博多湾での釣りもまた面白い!

投稿日:

私は通年ヘチ・落とし込み釣りがメインの釣りをしていますが、真夏の夜釣りで、恐ろしくなるぐらいアタリの「ア」の字もなくなる時期が存在します。

生きのよいアオムシをハリに刺して、夜にヘチをいくら探っても、まるでアタリがない時期があるんです。

「博多湾のお魚さんたちは、どこに行ったんやろう?」と、マジで首をかしげてしまいます。

こういう時期を3~4週間体験しますと、よほど釣りが好きでないと心が折れがちです。

アタリもなく、帰り際に当日買ったばかりのアオムシを海に放流せざるを得なくなります。

日曜日に買ったアオムシも今の時期は、翌週の土曜日には冷蔵庫に入れておいても、「使えない物体」になっていることが多いのです。

金額的にはたいしたことなくても、まるで役にも立たずに海に放流せざるを得ないことが嫌になります。

もったいねぇ~!と自己嫌悪に落ちます。

スポンサードリンク



小潮の下げ潮でキスを狙った常識破りのS君

今日は小潮で朝方の4時15分が満潮で11時05分がド干潮。

通常でしたら、こういう潮回りに、朝の6時から投げ釣りなど行かない方が多いのではないでしょうか?

ところが、掟破りの釣行ともいえる投げ釣りでキスを仕留めたS君。

朝の6時に能古島に渡って、アオムシ100グラムを使い切ってキスを釣ったそうです。

釣果はともかく、良くこの潮のこの時間にキスを釣りに行くことを考えたこと自体がある意味掟破りです。

というより、世間一般で言われている「満ち込みが良い」などという俗説・通説を無視したほうが良いのかもしれません。

狙った獲物が釣れないよりは釣れた方が楽しいので、こういうキスの釣り方もあると私ながら感心しました。

スポンサードリンク



キスの食べ方もまた十人十色

キス釣りを楽しむ方は、いろいろなキスの料理を経験していると思われます。

一般的なのは、てんぷら、刺身、塩焼きだと思います。

少しマニアックなのが、キスの一夜干しだとか、キスのシャブシャブなどと云うのもあります。

白身でクセがないために、工夫次第ではいろいろな料理が楽しめます。

ただし、アジゴと同じで、調子に乗って釣りすぎると、捌くのが大変で、家人に嫌われます。

我が家では、25センチオーバーのキスも含めて、とっくにお持ち帰り禁止に指定されています。(涙)

スポンサードリンク



業務スパーが近所にオープンします!

我が家からチャリで2分ぐらいのところに、業務用スーパーがオープンするみたいです。

妻は、ららぽーと福岡よりも、こちらの業務用スーパーの開店の方が嬉しいみたいです。

そういえば、竹下駅の近くにある業務用のスーパーの冷凍庫に、メゴチの皮をむいたものが売られており、てんぷらや塩焼き、炭火焼などにも使えそうで興味が湧きました。

昨今では、メゴチは貴重品です。

キス釣りやハゼ釣りでも外道扱いされますが、メゴチの方が美味しいようあ気がするのは私だけでしょうか?

キスのファンには申し訳ないのですが、メゴチの刺身はなかなか乙な味ですし、てんぷらはキスよりも美味しいような気がします。

それにしても、ここ数年来メゴチなど釣っていない気がします。

スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り, 釣りの豆知識, 釣具、釣り小物
-, ,

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.