博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

GE DIGITAL CAMERA

福岡市近郊の海釣り

クロばかりだった8月末のアイランドシティの釣り場

投稿日:

台風20号の影響もあり、福岡市内にはかなり強い風が時折吹き荒れていました。
 
潮見表を見れば、今日は大潮で夜の9時ぐらいが満潮。
 
今日は、どこに行っても何かが釣れるはず!との予想の下に、後輩S君が大いに満足したというアイランドシティの釣り場を目指しました。(笑)
 
自宅からアイランドシティに行くときは、必ず箱崎埠頭のはやと丸岸壁経由で行くことにしています。
 

 
今日も、はやと丸岸壁では落とし込み釣りでチヌを狙っているであろう釣り人がいました。
 

 
その場所、釣れんのに~!!と思って車の中から眺めていました。^^;
 
はやと丸岸壁ではいろいろな釣りを楽しんでいる釣り人が結構いました。
 
サビキ釣りをしている方もいれば、ルアーを投げている方もいました。
 

 
そのような方たちをチラ見しながらアイランドシティの釣り場を目指しました。
 
スポンサードリンク




 

博多の釣りバカの勘は大外れ!!でしたばい!

 

 

 
アイランドシティの釣り場では、かなり風が強く波がかなりうねっています。
 
私の経験則からは、こんな日はいける!!と思ったのです。
 
ところが最初に釣れたのはこちら。
 

 
まあ、いつも通りと言えばいつも通りです。^^;
 

 
ところが、今まで釣れたことがないような小型のクロが釣れました。
 
何となく、暗雲の兆し!!(笑)
 

 
退屈しない程度に大小のクロが釣れるのですが、相変わらず風も強く、波がうねっています。
 

 
メインはやはりクロ。
 
今日の様に多少風が強く、波がうねっている時はチヌが出やすいのですが、チヌどころかメイタのアタリすらありません。^^;
 
別にチヌが釣りたいわけではありませんので、テンションを落とすことなく釣り続けました。
 
ですが、この時点で私の釣り人としての勘は無残に外れ去りました。(涙)
 
50年以上も釣りをやっているのに、こんなものです。
 
少なくとも私の勘は、アテにはなりません。
 
スポンサードリンク




 

クロばかりだったアイランドシティの釣り場

 
釣れるのはクロがほとんどです。
 
釣れる端から堤防の反対側に逃がしていましたが、それすらも面倒になり、バッカンの中に入れておくことにしました。
 

 
途中で、クロがアップアップしだしたら、竿を置いてバッカンのクロたちを反対側にリリース。
 
もはやそれすらも面倒になり、釣れたらその場でリリース。
 
大きさの大小はあるものの、次々に釣れるクロに左手がふやけてきましたので、エサを残して8時45分ぐらいで納竿。
 
アイランドシティの釣り場はクロづくしでした。
 
スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り
-

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.