博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

福岡市近郊の海釣り 釣りの豆知識 釣具、釣り小物

カスタムメイドのタチウオテンヤでタチウオを楽しく釣りたいと考える博多の釣りバカ

投稿日:

ルアーで魚を釣ったことがない方は、このようなもので本当に魚が釣れるのか?と思うはずです。

ですが、何匹か釣ると不信感が払しょくされて、自信を持ってキャスティングできるようになるから不思議です。

クロダイ釣りにしても、カニエサぐらいまではなんとなく釣れるイメージが湧きますが、カラス貝をエサにすると、「マジでこんなエサで釣れるのか?」と思うはずです。

30年以上も前の話ですが、釣り仲間もいなくて最初はなかなか釣れずに、「こんなモノをハリに刺して、ヘチを探っていること自体、頭がおかしいのではないか?」と自問自答していました。(笑)

ところが1枚釣れて驚き、2枚、3枚釣れるとカラス貝の威力に魅了されることとなります。

ですが、そんな私でも、昨年K君から繊維掛けを教わつて、「こんなので釣れると?」と思いました。

ハリは丸見えですし、カラス貝の中にハリがあるわけでもないのです。

「いくらチヌが悪食でいろいろなモノを食べると云っても、ハリが丸見えのこんな仕掛けで釣れるのか?」と云うのが実感でしたが、やってみると、1投目から釣れました。

私たちが思っているほど、魚は敏感でない部分も多々あるのです。

タチウオテンヤの上にキビナゴを刺して、細い針金でグルグル巻きしたような、超が付くような雑な仕掛けにタチウオは食ってくるのか?というのが私の最初のタチウオテンヤに対する感想でした。

どんな仕掛けもそうですが、魚の習性の研究とこれまでの釣果の実績によってどんどん完成度が高くなります。

というより、自分で完成度を高めていくという心構えと作業も必要になると思います。

スポンサードリンク



仕事帰りにダイソーの釣り具コーナーで買い物をした博多の釣りバカ

仕事帰りに、ダイソーに寄り道をしてこれらのモノを買いました。

・ダイソーのタチウオテンヤ(1個200円)
・ワイヤーハリスのハリ
・ケミカルライト
・エサ巻きなどに使われるステンレスの針金
・トリプルフック

釣り仲間のS君から、ダイソーのタチウオテンヤが売り切れているとの報告がありましたが、この屋台が出ている近くのダイソーにはタチウオテンヤがありました。

この屋台がどこにあるか、分かる方はすぐに後ろの景色で分かると思います。

となれば・・・・・、あそこのダイソーやね~!!と分かるはずです。

屋台でラーメンでも食べたい気分でしたが、帰宅して夕食を食べずに「屋台でラーメンを食べた!」などと云ったら、妻にどんな仕打ちをされるかをイメージすると、恐ろしくてできませんでした。(笑)

スポンサードリンク



ダイソーのタチウオテンヤを勝手気儘に改造した博多の釣りバカ

1個200円のダイソーのタチウオですが、日曜日に使ったダイワのタチウオテンヤと違う部分が多少あります。

こちらがダイワのタチウオテンヤですが、違いが分かりますか?

ダイソーのタチウオテンヤには、ケミカルライトを付ける棒状の部分がありません。

さらに、タチウオテンヤを結ぶワイヤーレーダーがダイワのモノよりかなり短いです。

しかしながら、ダイソーのタチウオテンヤは、エサのキビナゴなどを刺す棒がダイワのタチウオテンヤよりも1本多い3本です。

ケミカルライトを刺す棒状の部分がないのは、ダイソーに売られているステンレスの針金を使ってこのように改造しました。

ステンレスの針金とケミカルライトの中に入っているビニールパイプを4つにカットして、2つを針金に通してケミカルライトが装着できるようにしました。

さらに、アシストフックも、ステンレスの針金を使って私なりに考えてみました。

このサイズのステンレスの針金は、いろいろと使えますので重宝します。

で、トリプルフックをアシストフックに用にしてみました。

取り付けますと、こんな具合です。

これで釣れるかどうか試してみたくなるのが、釣りバカの所以です。

釣れなくてもガッカリしませんし、釣れたら嬉しいに決まっています。

土曜日か日曜日は、このカスタムメイドのタチウオテンヤを使ってタチウオを狙いたいと思っています。

「楽しみ」は、自分で作るものです。

スポンサードリンク



妻が喜ぶタチウオ料理は美味しいものです!!

タチウオを釣ったのが日曜日で、月曜日の夕食に出たのがこちら。

タチウオの塩焼きでした。

翌日の火曜日の夕食に出たのがこちら。

タチウオを、塩コショウを効かせてオリーブオイルで焼いたものです。

皮まで美味しくて、時間をかけて賞味しました。

実は記事を書いている水曜日の今日も、塩焼きにポン酢をかけたものが出てきて、妻と「美味しいね~!」と云いながらタチウオを賞味しました。

妻がこれほど喜んでくれるから、釣り甲斐もあります。

昨年ぐらいまではメバルやアラカブがメインターゲットでしたが、妻も私より1つ上ですので、簡単に捌けて美味しい魚介類を求めるようになりました。

30センチオーバーのアラカブも、「トゲだらけで骨が固いので、力がいるから捌きたくない!!」と云われました。

私も年を取りましたが、妻も年を取っていることを考えねばなりません。

その点、タチウオは、頭を落として内臓を取れば、後は適当な長さに切って、塩焼きやバター焼きなどにもできます。

今週末に、妻が喜ぶ魚であるタチウオを、カスタムメイドのタチウオテンヤで狙ってみるのが楽しみです。

スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り, 釣りの豆知識, 釣具、釣り小物
-, ,

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.