博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

福岡市近郊の海釣り 釣りの豆知識 釣具、釣り小物

アイランドシティの防波堤で良型のアイナメとメバルを頂いた博多の釣りバカ

投稿日:

今日はK君とY君と3人で、夕方からアイランドシティの防波堤で竿を出すこととしていました。

K君とY君は基本チヌ&シーバス狙いで、私は20センチオーバーのメバルやアラカブなどのロックフィッシュ狙いです。

過日K君とY君がチヌを釣った時に、アラカブや良型のメバルも釣れたそうなので、結構楽しみにして釣り場に向かいました。

3時過ぎに自宅を出ましたが、旧3号線は結構渋滞です。^^;

12月ですし、ゆめタウン博多の前はいつも通り渋滞です。

アイランドシティに行く途中に、箱崎埠頭のマルちゃんの岸壁を見て行きました。

サビキ釣りをしているご夫婦の竿は私が見ている間は一度も曲がりませんでした。

投げ釣りやちょい投げをしている釣り人もいましたが、誰の竿も曲がっていませんし、魚が釣れている様ではありません。

スポンサードリンク



アイランドシティの波止で胴付き釣り仕掛けを使ってみました!

明るいうちは、メバルなども浅いところに浮いてはいないと考えて、あえて胴付き釣り仕掛けを使って海底を探ってみ貸した。

アラカブでも釣れるんじゃ~ないかと思ったら、20センチちょいのハゼです。

余談ですが、ハゼがハリを飲み込んだ時は、左手の親指と人差し指をエラから入れると、口を開けますのでハリを簡単に外すことが出来ます。

ですが、胴付き仕掛けにはほとんどアタリがなく、いつも通りのヘチを探る仕掛けを作りました。

ほどなくK君が来て、先端部分のチヌが釣れたポイントを目指しました。

スポンサードリンク



ラッキーなことに20センチオーバーのメバルをゲット!

先端部分でいつも通りのヘチ釣りをしますと、海底付近でポートオブハカタで釣れるのと同じ微妙にお持ち帰りできない16センチ前後ぐらいのメバルが掛かります。

K君は、メバルしか釣れずにテンションダダ下がり!?

日が完全に沈んだ時間帯ぐらいから浅いタナでもメバルが釣れるようになりましたが、いつものリリースサイズばかりです。

少し離れたところで、反対側にエサのついたハリを落としますと、浅いタナで壁伝いに逃げる魚が掛かりました。

20センチちょいのタケノコメバルですが、ビニールバケツが置いてあるところに持って行くのが面倒で、その場でリリース。

そうこうしているうちに2ヒロ半ぐらいのところでメバルとは違う引き方をする魚がハリに掛かりました。

丁度20センチぐらいのムラソイです。
姿形はアラカブにそっくりですが、色や鱗の並び方がアラカブとは異なります。

その後何匹かレギュラーサイズのメバルが釣れて、浅いタナで少し強い引きの魚が掛かりました。

21~22センチぐらいはありそうな、私にとっては本命のメバルです。

この1匹が釣れたことで、「来た甲斐」があったような気がして、後はガツガツせずに竿を出せました。

スポンサードリンク



小郡市在住のKさんから30センチオーバーのアイナメと20センチオーバーのメバルを頂きました!

私とK君が先端の4スリットぐらいをウロウロしていると、真ん中の梯子よりこちら側でもう一人どなたかが竿を出されているのが暗い中でも分かりました。

その方が何やら魚をぶら提げて私たちの方にやって来られました。

久しぶりにお会いしたのは、小郡市在住で私と同じ年のKさんでした。

Kさんがぶら提げてきた魚を見てビックリ。

32センチのアイナメです。

Kさんもここでは初めて釣ったとのことで、入れるものがないということで、ありがたく頂戴いたしました。^^;

アイランドシティのこのポイントにアイナメがいてもおかしくはないとは思っていたのですが、先を越されました。

それから再び反対側でタケノコメバルが釣れました。

いつも釣る側の2ヒロぐらいで、妙な止めアタリがありまして、送り込んでアワセを入れると、案外よく引くので、何かと思いきや、犯人はこの方でした。

型が良くても全く嬉しくないヒガンフグです。

膨らんでいるフグと遊んでいると、Kさんが再び底で釣ったという20センチぐらいのメバルを提げて来られて私のバッカンに入れてくださいました。

スポンサードリンク



Y君がやって来てメイタが釣れました!

7時をまわったぐらいにY君がやって来て、先端付近で合流して一緒に竿を出していると、Y君がすぐにメイタを釣り上げました。

25センチぐらいと小型ながら、本日初のメイタです。

そうしているうちに、時合なのかK君も30センチぐらいのメイタを釣りました。

それからY君とK君は底を丹念に探っていたようですが、ドンドンと潮が下げていき、アタリが遠のきました。

とりあえず3人で入り口付近まで戻り、私は片付けを始めました。

私は、アイナメと型の良いメバルのみを残して、後はリリースし、K君も竿をたたんでいます。

ですが、私たちよりも1時間半以上遅れてきたY君は、まだまだ釣る気満々。

8時半に、私が納竿して帰る間際にY君がセイゴを釣っていました。

長潮で、ド干潮が真夜中の0時28分。

恐らくどのような状況でも、エサもあるし、Y君はある程度の時間まで釣り続けているはずです。

「クロダイに憑りつかれた男の習性」は私自身もそうだったので、何となく分かります。^^;

釣り場に立てば、潮の大小や干満など…もはや関係ありません。

要は、チヌがいるのかいないのか、チヌが釣れるのか釣れないのか・・・と、これだけに全神経を集中させるだけです。

スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り, 釣りの豆知識, 釣具、釣り小物
-, ,

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.