博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

福岡市近郊の海釣り 釣りの豆知識 釣具、釣り小物

アイナメ狙いでポートオブハカタと周辺部を狙ってみました。

投稿日:

竿を握る手が冷たく感じる季節になりました。

ご家庭では、鍋料理が増えているのではないでしょうか?

我が家では、豆乳鍋だの塩鍋、鴨鍋・・などが続くこともあります。

妻が言うには、冷蔵庫内を整理する上でも、鍋物は作るのが簡単で便利なのだそうです。

ところで、あなたはアイナメのしゃぶ鍋を食べたことがあるでしょうか?

ブリしゃぶだとか鯛しゃぶなどは案外有名ですが、ありきたりです。

妻に20年以上も前にある釣り作家の本に載っていた「アイナメしゃぶ」を試しに作ってもらって、前の職場の女性も呼んで我が家で食べたことを思い出しました。

その時は奇跡的に35センチぐらいのアイナメが須崎の東側(現在立ち入り禁止)のヘチで、モエビを餌に立て続けに5匹ぐらい釣れた記憶があります。

当時でもそのサイズのアイナメが5匹まとめて釣れるということはなかなかなくて、アイナメの刺身木の芽焼きやお煮つけも妻が料理してくれた記憶があります。

そんな話をしていると、妻も「アイナメのしゃぶ鍋・・食べたいよねぇ~」などというので、すっかりその気になって、ダメもとで今年の春先に30センチぐらいのアイナメが数匹釣れた箱崎ふ頭のポートオブハカタの周辺を探ることとしました。

スポンサードリンク



近海郵船がいない間にアイナメを探ってみました!

春先に30センチオーバーのアイナメを何匹か釣ったポートオブハカタの近海郵船が停泊する場所を目指して、いつもより早めに自宅を出て、胴付き仕掛け+底バリを出す仕掛けで探ってみました。

しかし、釣れたのはたったのこれだけ。

100メートルぐらい底を狙って探りましたが、ハゼ1匹!!(涙)

だんだん周囲が暗くなるころに、近海郵船の船がいつもの場所に寄港し始めました。

入ってくる船を眺めていると、港湾サービスの車がやってきて「今からここに船が付きますので、場所の移動お願いします!」とのことで、暗くなるまで箱崎バナナに行ってみることにしました。

私とほぼ同時にやってきた釣り人は、サビキ釣りをはじめ、なぜかしら5分ぐらいでいなくなりました。

私よりも後にやってきたルアーマンも、2~3回投げてどこかに消えました。

私も短気ですが、彼らは即座に海のコンデションを見分ける能力があるのでしょうか?

スポンサードリンク



ビートル発着場付近で竿を出した後でいつもの場所で竿出し

箱崎バナナでメバルを釣っても仕方ないので、今日はあえて竿を出さずにビートル発着場付近を探ることとしました。

時折小さなメバルがカツーン!!と竿先をはじくのですが、おそらく10センチ以下ぐらいの大きさでしょうから丸セイゴ12号にはなかなか掛かりません。

底を探ると、とんでもなく小さな魚がハリに掛かりました。

3センチぐらいのムラソイです。

30センチオーバーのアイナメを狙いに来ているのに、キーホルダーみたいな小さなムラソイとは!(涙)

それから、13センチぐらいメバルがパラパラ釣れますが、撮影する気にもなれずに、いつもの場所に向かいました。

今日は、時間的にいつもの場所の車を積み込む船がまだいて、離れた明るい場所で竿を出すこととしました。

すぐにセイゴが釣れ、メバルも釣れました。

釣った端からリリースしている私の姿を見て、20メートルぐらい離れたところにいる二人の青年が寄ってきて、私に仕掛けと探り方を聞いてきましたので、快く教えました。

今日は20センチオーバーのメバル以外はすべて不要ですので、釣れる端からリリース。

大物がいそうな気配もないので、入り口付近の穴の開いたポイントを探ることとしました。

ポートオブハカタの入り口付近で竿出し

全くではありませんが、暗くなるとアイナメは、なかなか釣れません。

ですが、過去に暗くなってアイナメが釣れたこともありますし、海底ではなく中層で釣れたこともあります。

それらを勘案して、ポートオブハカタの入り口付近の障害物が多いポイントで竿を出してみました。

ヘチではメバルやセイゴは小さいながらも釣れますが、アイナメはアタリません。

前打ちで竿2~3本先にエサのついたハリを投げてみますが、海底でのアタリはありません。

ところが中層前打ちでセイゴが釣れるのは想定内ですが、メバルも数匹釣れたのです。

メバルにせよセイゴにせよ、釣れないよりは釣れた方が良い程度で、エサもなくなり納竿。

入り口付近の中層前打ちで、セイゴのみならずメバルが数匹釣れたことは私なりに収穫でしたが、アイナメはやはり個体数が少ないのでおいそれとは釣れないのかも?などと思いつつその日は帰りました。

翌日、かなり多くのモエビを買ってエビ撒き釣りをしたK君は例の中央埠頭の三菱倉庫前のポイントでは何ら反応がなく、荒津のオイルセンターの構造物周りで竿出しして、この写真を送ってきました。

モエビを餌に海底を探っていたらアイナメが釣れたのだそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!!

世の中上手くいきません。(笑)

スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り, 釣りの豆知識, 釣具、釣り小物
-, ,

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.