博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

福岡市近郊の海釣り 釣りの豆知識

お持ち帰りできる魚のハードルがUPして気がラクになった博多の釣りバカ

投稿日:

今年になってやっと週末に良い天気となった気がします。

私は昼ぐらいに、上牟田のネコがいる八百屋に訪れて、キャスティングでエサを買い、弓田の明治屋産業に行きました。

妻から頼まれたモノを買いに行き、ついでにダイソーで、夜釣りの目印用のケミカルライトを買いに行きました。

博多ミストにはバーミャンがいつの間にやらオープンしていて、丁度お昼時でしたので、店先には案内係の方が出て、来店客を案内していました。

コロナ禍でなければ、私も行きたいところですが、なるべく密な飲食店は避けないといけません。

那珂5丁目の旧青果市場の跡地では、キッザニアなどがテナントとして入る商業施設の工事が進んでいました。

キッザニアがオープンするときは、コロナが終息しているといいですね。

スポンサードリンク



釣りは天気さえ良ければよいというワケではございません!

今日は冒頭にも書きましたが、久々の晴天でした。

しかし、西風が強かったみたいで、志賀島の弘漁港にフカセ釣りに行った方たちは、釣りにならなかったみたいです。

釣りは天気が良いだけではダメで、風の強さや風向きが釣果に大きく左右します。

釣り場によってはマキエを打つ方向から強烈な風が吹き荒れると、マキエ柄杓でマキエを撒いても、マキエがポイントに届かないだけではなく、自分に降りかかってくることが多々あります。

私は呼子の先の肥前町の串崎で3回連続真正面の強風に遭い、生涯二度とこの釣り場に行かないと心に入れ墨を彫りました。(笑)

よほど相性が悪いのだろうと思っています。

今思い返せば、串崎に行ったことがトラウマになって、マキエを打つフカセ釣りを一切しなくなりました。

グラグラこいて、クロ釣りも全くしなくなりました。

スポンサードリンク



常識的な釣りの条件は良いはずの今日の釣り

本日は大潮の次の下り中潮で、ド干潮が16時1分です。

満潮が22時22分ですから、上げの2分ぐらいから釣り始めて、ほどよい上げ潮狙いということとなります。

途中東浜の船溜まりを横切りましたが、ド干潮からの切り返し寸前で、海底が見えています。

ほとんど生命反応がなさそうなぐらい、何もいません。

東浜の西側には誰一人釣り人がいませんし、船溜まりや、中央埠頭のチップヤードにも釣り人がいません。

あらゆる釣り方が不毛の釣り方にも思える博多湾奥の冬の訪れを肌で感じます。

日が暮れるのが、徐々に遅くなっています。

6時になろうとしているのにこの明るさです。

東浜の砂山の作業場のレイアウトが変わっています。

今まであった建物が壊され、ベルトコンベアの位置なども変わりました。

釣りには直接的には無関係ですが、今日は角地の船の停泊の仕方もいつもと違って、ロープを短めにして、堤防スレスレに停泊しています。

ロープを長くしていると、波で揺れが大きくなるからだと思いながら竿を出し始めました。

スポンサードリンク



わずか3回のアタリで3匹の獲物

6時ぐらいに竿を出しましたが、まだ薄明るいのか、全くアタリがありません。

すると、すぐ近くにバイクで来て竿を出す釣り人が来られました。

この釣り場でここにバイクを止めて竿を出すと言うことは、初めてではないはずです。

30分ぐらい全くアタリがない中、やっと水深5メートルぐらいの深場で鮮明なアタリがあり、釣れ上がったのがコチラ。

東浜の砂山では常連さんのバス持ちが一番よく似合う25センチぐらいのタケノコメバルです。

それからしばらくして、アタリが鮮明にあった割に全く引かないで釣れあかったのがコチラ。

水槽で飼いたくなるサイズの手乗りアラカブ

ですが、この後、ほとんどアタリがなく、ウロウロしました。

先ほどのバイクに乗って来られた方とお話をしますと、「アラカブとタケノコメバルの区別がよ~分からない」というので、私が釣ったタケノコメバルをお見せして少し談話。

その後、1時間ほどウロウロしていろいろなところで竿を出しましたが、全くアタリがありません。

スポンサードリンク



本日の3匹目は抱卵アラカブでした!

暗闇の中をアチコチ探りましたが、まるでアタリなし。

そうこうしていると、バイクで来られた方もいなくなり、彼が釣っていた付近にエサの付いたハリを落とし込みますと、やはり深いタナでアタリがありました。

数少ないアタリなので、慌てることなくじっくりと食い込ませてアワセを入れました。

すると、かなり引く魚がハリに掛かりました。

お腹がパンパンの25センチぐらいのなかなかの型のアラカブです。

丁度このアラカブを釣った時に、常連の方がこちらにやって来られ、今日は全くアタリすらない!!とぼやいておられました。

ほぼほぼアタリがないのです。(涙)

結局8時半で納竿しましたが、2時間半でたったの3尾。

もちろん魚はリリースしました。

妻がメバルもアラカブも刺身が作れるサイズを1~2匹で良いとのことで、25センチ以下のモノは暫く持って帰らなくても良いとのこと。

妻も年齢的に長い時間キッチンに立ちたくないみたいです。

ここまでハードルが上がると、持って帰れる魚は更に限られます。

それはそれで、私にとっては気がラクになります。

スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り, 釣りの豆知識
-, ,

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.