博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

GE DIGITAL CAMERA

福岡市近郊の海釣り

4匹のメバルを目指してアイランドシティに赴いたメバルバカの私

投稿日:

今日は午前中ずっと雨が降っていたんですが、私がいつも釣りに出かける夕方には地面もかなり乾いて晴れ間が見える天気に回復いたしました。
 
前回も、その前も、そしてその前のアイランドシティの防波堤では、狙ったメバルがなぜかいつも3匹しか釣れません。^^;
 
クロやメイタやセイゴは釣れなくてもいいのに釣れますし、もっと釣れなくても良いチイチイフグは、更によく釣れます。(涙)
 

 
午前中の雨が海表面の水温を下げることで、どのような釣果になるのかは分かりませんが、とりあえず今日は、4匹のメバル、出来れば20センチオーバーのメバルが釣りたいとばかりにアイランドシティの防波堤に向かったのです。
 
スポンサードリンク




 

想定外のアタリの無さに唖然!!

 

 
もうすぐ薄暗くなるであろう時間に着いた私は、とりあえず先端付近まで行って、ゆっくりと仕掛けを作りました。
 
夕マズメは、他の釣り場ではゴールデンタイムなのですが、このアイランドシティの防波堤は「チイチイフグパラダイス」と化します。^^;
 
夕マズメがフグだらけで釣りにならないという「特殊な釣り場」でもあるのです。
 
辺りがすっかり暗くなり、もういいだろう?とばかり、エサをハリに刺していつもの浅いタナを探路ますと、まだまだコヤツらがいましたバイ!!
 

 
防波堤のターミネーターみたいな4センチぐらいのチイチイフグです。
 
その後も同サイズのチイチイフグが何匹か釣れて、タナを深くしますと、釣れるのはこちら。
 

 
20センチ弱のチイチイフグです。
しかもハリを飲み込んで、ハリスが切れました。(涙)
 
「エサぐらいプレゼントするけん、ハリまで飲み込むなよな~!!」と、ブツブツ・・・。
「老眼と近眼の我が身には、暗闇での仕掛け作りはこたえるとバイ!!」などと、ブツブツ・・。
 
それから、もうフグばっか!!
 
今さっきハリを結び直して釣りを再開たかと思うと、すぐにコイツ。
 

 
しかも、またしてもハリを飲み込んでハリスがプッツン!!
 
膨らむコイツを防波堤に力いっぱい打ち付けたい気持ちは、山々なのですが、防波堤の反対側に、ポイ!!
 
それにしても、今日はフグ以外何にもきません!!
 
メバルどころの騒ぎじゃなかバイ!!
 
いつものタナで、クロも来なけりゃ、メイタの気配すらないし、セイゴどころかチーバスも釣れない!!
 
どうなっとると??・・・、などと独り言を言いつつ空を見上げると、満月まじか。
 
先端から、いつも道具を置いてビクを垂らすハシゴがある付近まで、フグ以外何も釣れずに、その先も全くアタリは皆無なんです。(涙)
 
「恐ろしくなるほどのアタリの無さ」に愛想を尽かして、防波堤の付け根付近まで戻りました。
 
スポンサードリンク




 

ピンポイントでメバルがやはり3匹釣れました!!

 
防波堤の付け根のところから竿を出しますと、いきなり竿が曲がり、何かがハリに掛かっているみたい。
 
ハンドメイドの竿が弧を描いて曲がり、魚がなかなか浮いて来ませんが、大物ではありません。
案の定釣れたのは、こちら。
 

 
23センチぐらいの、どうでもいいようなクロです。
 
それからポイんポイントで、メバルとチーバスが退屈しながらアタリがあります。
 
警戒心が強く、竿先をなかなか曲げてくれない中、どうにかチーバス3匹とメバルと3匹追加しました。
 

 
今日もメバルはやはり、3匹!!(涙)

 
しかも、皆アップアップ・・していますし、プリプリはしているのですが、16センチ程度のメバルなので、すべてリリース。
 
博多湾の湾奥では、20センチオーバーのメバルにはなかなか遭遇いたしません。
 
今日もまたメバルは3匹でしたし、小さいのバッカ!!
 
まっ、これに懲りずにまた思い当たる釣り場で竿を出してみます。
 
スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り
-

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.