GE DIGITAL CAMERA

福岡市近郊の海釣り 釣りの豆知識 釣具、釣り小物

波止から五目釣りが楽しめるアイランドシティの釣り場

投稿日:

今現在の博多湾の釣況を勘案したときに、あそこに行ったらメイタが釣れるだとか、あっちだったらエサ釣りでタチウオが釣れるんじゃないか?などと、魚種別に考えると、いくつかの候補が挙げられますが、私が一番手堅く五目釣りを楽しめる釣り場と云えば、やはりアイランドシティの釣り場です。
 

 
基本的に、年がら年中メバルをメインに狙っている釣りバカですから、チヌやメイタが釣れる釣り場、シーバスが釣れる釣り場、アジングができる釣り場・・などと云う釣り場は、私にとってはイマイチ面白みに欠けるのです。^^;
 
さりとて、昔からメバルのみが入れ食い!!などと云うポイントはありませんでしたし、メバルも釣れて他の魚も釣れて楽しめる釣り場に行くことになります。
 
というワケで、いくつか候補が挙げられるんです。
 

・能古島の西波止
・マリナタウン海浜公園の波止
・長浜界隈
・須崎埠頭の西側
・ベイサイドプレイス
・中央埠頭の御笠川の河口
・箱崎漁港界隈
・箱崎埠頭バナナ
・ポートオブ博多の岸壁
・多々良川沿いの旧貯木場
・アイランドシティの波止

 
でも、ここに挙げた釣り場も、年によって大きく釣況が違うんです。
 
今年はメバルに関しましては、絶不調です。
 
昨年まで釣れていた釣り場でも、ほとんどアタリすらないという超残念な有様。
 
今現在でも、アジゴのサビキ釣りと、エサやルアーによるサゴシ、ちょい投げによるキスやハゼぐらいしか博多湾の湾奥では望めませんし、それすらも「当たり外れ」があると思います。
 
そんな中で、エサの付いたハリを落とせば何らかのアタリがあり、退屈しない程度に五目釣りが楽しめてたまにハリスがブチ切られるような大物もいる釣り場がアイランドシティの波止なのです。
 
スポンサードリンク




 

今現在博多湾の湾奥で五目釣りが楽しめる随一の釣り場がアイランドシティの波止

 

夕方に行きますと、100羽を超えるほどのカモメたちが波止で体を休めていました。
 
しかも、ちょうどポイントになるぐらいの位置に!!(笑)
 
こんなところで竿を出していると、妙な鳥インフルエンザに感染するのではないか?と思えるほどの多さです。^^;
 
でも、私が歩いていきますと、ゆっくりと手前から数羽ずつが飛び去り、一羽もいなくなりまして、波止はカモメの糞だらけ!
 

 

博多湾の夕陽を見ながら、おもむろに仕掛けを作りました。
 
アオムシの付いたハリを落とすと、すぐさまアタリがあり、釣れたのはいつものチイチイフグ。(涙)
 

それからコッパグロが釣れ、メイタが釣れたりして移動していますと、案外深いタナで妙なアタリがあり、釣れ上がったのがこちらのメバル!
 

 
途中35センチぐらいのセイゴが釣れたり、いつもの手のひら+尻尾サイズのクロが釣れたりしながら、メバルを2匹追加。
 

 
ホント、退屈しない程度に、メイタ、クロ、セイゴ、メバル、キビレの五目釣りが楽しめます。
 
いや、いつも常連さんのチイチイフグを入れると、六目釣りか??!!   ^^;
 
スポンサードリンク




 

デメリットがないわけではないアイランドシティの釣り場

 
まず、アイランドシティの釣り場は、昼間はカラス貝でないとチヌを狙うのは難しく、それ以外のカニエサや虫エサはチイチイフグに即座に齧られてTHE ENDとなる。
 
カラス貝は周知のようにチヌには効果があるエサだが、それ以外はまず釣れないので、イマイチ面白みに欠ける。
 
昼間にマキエを撒いてのウキ釣りで、エサを岩デコなんかにしてクロも狙えそうに思うかもしれないが、これまたチイチイフグに即齧られてTHE ENDとなるのは必定。
 
この釣り場で、チイチイフグをすべてかわすのは、到底無理だと考えたほうが良い。
 
基本的に夜釣りがメインとなるが、夜でもガンガン・・・とチイチイフグがアタるので、ハリを失うことが実に多い釣り場でもある。
 
さらに、足元から2m50センチぐらいの深さから、穴が空いており、そこにハリが掛かった魚が逃げ込むために、ハリス切れもかわせない。
 
夜に、ヘチ釣りをすれば、チイチイフグとハリス切れで最低2~3本のハリは失うし、ひどいときは6~7本いやそれ以上失う。
(チヌやセイゴがハリを飲み込むから!!)
 
こうなると、真っ暗な中で、ライトがあるとはいえ、夜に仕掛けを作り直すのが、とても面倒なんです。
 
1~2回ならまだしも、6~7回以上になると、かなりつらい。
 
ここで釣った経験がある方はお分かりだと思うが、だからこの釣り場にはそれほど釣り人は来ない!
 

 
五目釣りが楽しめる反面、「暗闇の中での仕掛け作りとの闘い」みたいなところがある釣り場でもあるのです。
 
そのことを覚悟の上で竿を出し続ける釣り人しか、ここでは五目釣りはできないという「厄介な釣り場」でもあるのです。
 
スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り, 釣りの豆知識, 釣具、釣り小物
-

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.