博多湾と福岡市近郊の釣りをメインに、ちょこっと「お役立ち情報」を書いています。

安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣

GE DIGITAL CAMERA

福岡市近郊の海釣り

刺身用のキビナゴを持って箱崎の貯木場に出向いた博多の釣りバカ

投稿日:

男には、いや釣り人には、「今日は多分さっぱり釣れそうにないけど、そんなの関係ない!」と、ばかり竿を出したくなる時があるはずです。^^;
 
釣りに行く前から、既に背水の陣を敷いての釣行。
 
他の釣り人はどうなのかは分かりませんが、私はよくこういう状況での竿出しをします。
 
セオリー通りだと、釣れなくて当然みたいな時にも全く期待感を持たずに釣り場に出向いて竿を出すんです。
 
今日は長潮で、夕方の17時16分が満潮、それから下げ潮になり23時ぐらいがド干潮。
 
お世辞にも良い潮とはとても思えませんが、私はあえてアオムシとは別に刺身用のキビナゴを10匹ぐらい持って、箱崎埠頭の最東端にある多々良川沿いの旧貯木場に向かいました。

 
自宅を6時半ぐらいに出て、途中アオムシを購入したために釣り場に着いたのが7時半ぐらい。
 
エサの本命はキビナゴで、アオムシは保険がわりで釣り場に臨みました。
 
スポンサードリンク




 

キビナゴをエサにして狙った魚とは?

 
既に薄暗くなり、狙う魚の活性が高くなるであろう時間帯から竿を出すことが出来ました。

 
ハリは根魚の11号にガン玉の6Bを1個付けてポイントと思しきところを探りました。

 
ですが、アタリの「ア」の字もありません。(涙)
 
私がこの潮の悪い下げ潮であえて狙った魚をイメージできる方がおられるでしょうか?
 
チヌやシーバスでは、もちろんありません。
 
メバル、アラカブでもなければ、タケノコメバルでもありません。
 
刺身用のキビナゴですが、ヘチ狙いですから、タチウオやサゴシでもありません。
 
アカエイをヘチで狙うほど変態でもありませんよ~!!(笑)
 
言うのがちょいと恥ずかしい魚です。(笑)
 
あとは読者のあなたのご想像にお任せいたします。
 
スポンサードリンク




 

保険として用意したエサのアオムシでチヌを狙ってみました!

 
刺身用のキビナゴをエサにして探ることおよそ30分!
 
まるでアタリもない私は、保険として用意していたアオムシのエサに切り替えました。
 
すると、いきなりの小さなアタリがあり釣れるのはこの方々ばっかり。

 

 
アジゴよりマジで小さなチーバス…ばっか!!(涙)
 
場所を替えて、チヌが良く釣れるポイントでも釣れるのはこの方々。

 

 
逆L字型の波止が左に伸びている付け根付近でもやっぱり釣れるのは、この方々ばっか!

 
どのポイントで、どのタナを探ってもアタリがあるのはチーバスばかりです!
 
おまけは、エサのキビナゴと変わらない大きさのマイクロチーバス!(苦笑)

 
手のひらサイズのキビレやメイタもいなけりゃ、釣れてもいっちょん嬉しくもない30~40センチぐらいのセイゴも釣れません。
 
この時点で9時近くなり帰ろうとしていた時に、30歳ぐらいの青年と入り口のコンクリート塀のお会いしました。
 
コーンをエサにしてチヌを狙うそうで、予備にオキアミのエサを準備しているとのこと。
 
これまで釣った最高の黒鯛が36センチで、呼子の地磯でルアーで釣ったそうなんです。
 
「なんとかして、40センチオーバー、出来れば年なしの50センチオーバーを釣りたいんですけどね!」と言われていましたが、この状況ではどうなったのかは知る由もありません。
 
ただただ、ご健闘を祈るばかりでございます。
 
まとめ
 
多分釣れないとは分かってはいても、釣り場に臨むときはそれなりに思案してでのことなのです。
 

ですが、自然が相手だけに、いつも「想定外」のことが起きるのも釣り場です。
 
結局、本日はチーバスばかりを十数匹釣りましたが、気分的にはボウズ以下の気分です。^^;
 

周囲の景色を眺めながら、明らかに、釣り場の選定と狙う対象魚を誤った気も致します。
 
でも、いつも鬼のように釣れないからこそ面白いのが釣りだと思うんです。
 
帰りの車の中で、スマホでこの曲を流していました。
 


 
JAZZを聞き始めて45年になる私が、近ごろ寝る前に良く聴く曲です。
 
釣りに行って、狙った魚が釣れないなど…、とるに足らないことでしかありません。
 
こんな時もあるとばかり、すぐに忘れて次の釣行に期待です!!
 
スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り
-

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.