福岡市近郊の海釣り 釣りの豆知識 釣具、釣り小物

初心者のためのチヌの落とし込み釣り用リールの選び方

投稿日:

私が長浜と箱崎の貯木場で2日続けて40センチオーバーのチヌを釣ったのに驚いた勤務先の後輩S君がスマホのLINEに「チヌの釣り方教えてください」と書き込んできました。
 

チヌは海釣りの初心者の憧れ的な魚でもありますからね。

 
LINEは非常に便利なんですが、スマホそのものが文字を書くにはパソコンと比べて非常に使いづらく、長い文章を書くのには全く不向きであるとことは周知のとおり。
 
しかも、「チヌの釣り方教えてください」などと漠然とした内容を問われても、何から教えてよいのか困惑してしまいました。
 
S君は昨年から海釣りを本格的に始めた後輩で、アジゴを中心としたサビキ釣り、キスを中心としたちょい投げ釣りから入り、今年に入ってからは、アジングタックルとアジング用のジグヘッドリグにワームを付けたりアオムシ(アオイソメ)を付けたりして、ヘチを脈釣りしてメバルやアラカブなどを釣っているんです。
 

リールに関して言えば、2000番クラスのスピニングリールしか持っておらず、サビキ釣りだとかちょい投げ釣りに使うスピニングリールにはナイロン3号を巻いているはずだし、アジング用の2000番のリールにはエステルラインの0.4号を巻いたモノとジグサビキなどをするためにPEラインの1号を巻いたモノがあるとのこと。
 
これらの2000番台のスピニングリールをリールを落とし込み釣り用のロッドに付けたり、アジングロッドに付けたタックルでチヌが狙えないかというと。結論から言うとスピニングリールでも狙えるがおすすめはしないとしか言えないのです。
 
スポンサードリンク




 

チヌの落とし込み釣りにスピニングリールをおすすめしないワケ

 
チヌの落とし込み釣りをするときに、リールが手持ちのスピニングリールしかないという場合は、スピニングリールでも釣れないことはないということは、まずは申し上げておきたいと思います。
 
私も以前、5・3メートルの磯竿1号とナイロンの3号を巻いたスピニングリールのタックルで、仕掛けを落とし込み釣り用のものにしてメイタやチヌを何度か釣ったことがあります。
 
竿先にラインが絡んで、しかも夜釣りということもあって、何度も竿先に絡んだミチイトを修正しながら釣った記憶があります。
ナイロンのミチイトは基本的に巻き癖が付きやすく、ガン玉のBだとか2Bぐらいしかハリスに打たない落とし込み釣りでは、釣りを始める前にあらかじめよく使う先端から10メートルぐらいの部分を両手でひっぱって伸ばさないと巻き癖がグルグルとついた仕掛けで釣らないといけなくなります。
 
ではPEラインを巻いたスピニングリールではではどうなのか?というと、巻き癖はつかないものの、落とし込み釣り用の一番使いやすい3・6~4・2mの長さの竿だと穂先がらみが多発してなんとも使いづらいし、結びコブのようなものが出来てUガイドやミニクロガイドに引っ掛かるということも多々あるのです。
特に夜釣りでは絶望的な気分になることがあります。
 
なので、もしもアジングタックルしかないという方でもスピニングリールにPEラインの0,8号から1号ぐらいを巻いているのであれば、落とし込み釣り用のロッドではなくて8フィート未満のアジングロッドのほうが使いやすい気がします。
 
アジングタックルをお持ちで、お金をかけれない・お金をかけたくないという方は、そのままのタックルで落とし込み釣り用の仕掛けを用いれば、チヌは釣れないことはありません。
(エステルラインの0・4号などを巻いているスピニングリールは、リーダーを結んでもアワセ切れするので使わないほうが身のためです)
 

チヌの落とし込み釣り用リールは使いやすいのか?

 
チヌの落とし込み釣り用のリールと言えば、このようなタイプのモノが一般的です。

 
ドラッグ付きのタイプとノンドラッグのタイプがあり、初心者はドラッグ付きのタイプでないと、ミチイトがバックラッシュを起こしやすく非常に使いづらく感じるかもしれません。
 
ベテランの方はほとんどノンドラッグタイプのモノを好んで使いますし、これを使いこなせるのがある意味ベテランの証みたいなところもあるのです。
 
現在では落とし込み釣りをする方の多くが、ノンドラッグタイプのリールにPEラインを巻いて使用しています。
 
釣趣が感じられ、いかにもチヌの落とし込み釣りをしています見たいな感じがするリールですが、中級者からベテランが好んで使うリールで、しかもこれらのリールを使う方はどちらかというと穂先がらみを直しやすい2・7メートルぐらいの短めの竿を使っていることが多いのです。
 
初心者の方が、本格的な落とし込み釣りの気分を味わいたいだとか、いかにもチヌ釣り師に見られたいというのであれば、ドラッグ付きの落とし込み釣り専用リールが良いかと思います。
 
お値段はかなり幅があります。
チヌ落とし込みリール
 
「格好から入る」ということは釣りにおいても重要なことではあると思います。
 
ですが、初心者がいきなりドラッグなしのチヌの落とし込み釣り用のリールを使うのは、本人が使いたいのであれば話は別ですが、個人的にはおすすめすることはできません。
 
スポンサードリンク




 

私が初心者に落とし込み釣りで両軸リールをおすすめするワケ

 
私は初心者がチヌだけではなく、メバルやシーバスやタケノコメバルなども釣りたいというときにおススメするのが小型のチヌ用の両軸リールです。
 

軽い上に操作性に優れており、ドラッグも付いていますし、ミチイトをスプールに均一に巻き上げるレベルワインダーも付いていて、おまけに替えスプールが付いている両軸リールが販売されています。
 

ダイワ チヌジャッカー
by カエレバ

 
替えスプールにPEラインを巻いて、ナイロンラインとPEラインの比較をする上でも非常に役に立ちます。
 
お値段もチヌの落とし込み釣り専用リールに比べますと、お手頃価格なリールが多く、コスパに優れていることが初心者におススメできる理由でもあります。
 
落とし込み専用リールと比べますと、トラブルも少なく非常に使いやすいのも初心者におススメできる理由です。
 
まとめ
 
リールを語る上で絶対に外せないのが使うミチイトのことなのですが、私は数年前からチヌの落とし込み釣りでPEラインを巻いたリールを一切使わなくなりました。
 
PEラインのメリットは、

・巻き癖がつきにくい
・伸縮度がほどんどないためにアタリの感度が良い

ということです。
と同時にPEラインのデメリットも知っておかねばなりません。
 
PEラインのデメリットは、

・とにかく風などが強いと竿先によく絡む
・牡蠣殻やカラス貝、防波堤の壁の突起物などに絡みやすく外れにくい
・使っていると結びコブが出来てガイドを通らなくなる
・海面に浮くために深いタナを軽い仕掛けで狙うにはやや不向き
・リーダー(ハリス)と直結するのも面倒、竿のガイドを通すのも厄介

 
これはあくまで私の30年近い落とし込み釣りの経験からの主観ですが、PEラインよりもナイロンラインのほうが使いやすく感じます。
 
25年ほど前にPEラインが初めて発売された当時は、100メートル6000円~8000円もしましたが、その当時から使ってきているんです。
 
ここ10年では特に半夜釣りが多い私にとっては、ガイドにPEラインを通すのも面倒で、デメリットばかりを感じることが多々あるんです。
 
加齢によって視力も落ちてきましたので、ご年配の方や釣り歴が長い方ほど逆に私と同じようにPEラインをリールに巻かなくなってきているのではないでしょうか?
 
結論を申し上げますと、私が初心者におすすめするのはナイロンを巻いたチヌの落とし込み釣り用の両軸リールなのです。
 
スポンサードリンク






-福岡市近郊の海釣り, 釣りの豆知識, 釣具、釣り小物
-

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.