福岡市近郊の海釣り 釣りの豆知識 食べもの

キスの梅肉和えが食べたくて糸島まで釣りに行く勤務先の後輩

投稿日:

勤務先の後輩のH君は、釣り歴40年以上のベテランで、

・チヌやクロのマキエを撒いたフカセ釣り
・投げ釣りでのキスやカレイ
・シーバス狙いの夜のウキ釣り

・・・・などを得意としています。
 
ルアーフィッシングや脈釣り・落とし込み釣りなどは、基本的にほとんどしないウキフカセ釣りと投げ釣りの正統派の釣り師と言っても過言ではありません。
 
そんな後輩のH君が、朝早くから珍しく糸島の岐志漁港にまで行って投げ釣りをしてきました。
 
H君が投げ釣りに行くときは、糸島方面や志賀島方面、奈多漁港、新宮漁港などといろいろなところに行くのが特徴で博多湾では大岳海岸でしか投げ釣りに行かないようなんです。
 
特に西浦漁港の近くの大口海岸からの投げ釣りで過去に爆釣したことがあり、キスを狙うときは、大口海岸がH君の鉄板ポイントみたいなのです。
 
そんなH君が姫島行きの定期船が出ている岐志漁港に行くと聞いて若干驚きました。
 

彼は随分と岐志漁港に行ってなかったようで、外波止とも呼ばれる白灯台波止に防風フェンスが作られたのを知らなかったみたいなのです。

 
船越漁港の外波止も防風フェンスが作られて随分と釣りづらくなり、この岐志漁港の外波止も同様に釣りづらくなってしまいました。
 

しかも先端には既に釣り人がいて、やむを得ず付け根部分に隣接するサーフから投げ釣りをしたようです。
 
防風フェンスの外向きからでの投げ釣りは、船越漁港のように幅がなく出来ませんので、力いっぱい飛ばしたい派のH君はあえてサーフからのポイントを釣り場に選びました。
 
 

スポンサードリンク

スポンサードリンク







 
 

サーフからの投げ釣りでクサフグ地獄にあったH君

 

仕方なくサーフから投げ釣りを開始したH君から連絡があり、クサフグだらけで釣りになりません!!とのこと。
 
クサフグの悩みは、サーフからの投げ釣りの宿命みたいなものです。^^;
エサを齧られるだけではなく、仕掛けまで切る厄介この上ない難敵です。
 
同じ投げ釣りの外道でも、メゴチやトンマだったらぬるぬるの粘液があるにせよ食べ方次第では美味しい魚なのですが、クサフグを素人料理で食べると、下手をするとあの世に行くハメになります。
 
途中途中H君から、

・海辺で食べるおにぎりはすこぶる美味しい!!
・クサフグ16匹、仕掛け交換11回・・やっとられん!!
・30センチぐらいのギザミ(ワタリガニ)が目の前でバレて、残念!

などという伝言もありました。^^;
 
100gのアオムシが底をつき、釣りが出来なくなった~!!との悲痛な叫びが伝わってきました。
 
で、クサフグの猛攻をかわしながら釣ったキスがこちら。

たったの6匹なんです。^^;
 
朝早くから自宅の糟屋郡から糸島の岐志漁港まで行ってキスが6匹なんて、やってられません!!
 
刺身が出来そうなキスがとりあえず3匹いるので、彼はそれを自宅に帰って料理しました。
 

H君は料理上手

 
H君は私と違って朝早くに家を出て、釣り場に向かい昼ぐらいまで釣って、帰宅後に料理して来年高校生になる娘さんや小学生の息子さんに新鮮な手作りの魚料理を食べさせてあげる良き父親でもあるのです。
 
料理の腕前もなかなかで、かなり手のこんだ料理も色合いを気にしながら上手に作ります。
 
今回彼が作ったキス料理はこちら。

キスの糸づくり梅肉和え。
 
初夏を感じさせる旨そうなキスの刺身料理です。
 
私も刺身サイズのキスが釣れた時は、大葉を細く切って糸づくりにあえて食べます。
 
キス特有の香りと身の甘味を感じながら、歯ごたえ抜群の釣り人にしかなかなか食べられない絶品料理のひとつかもしれません。
 
美味しい料理を奥さんや娘さん・息子さんに食べさせてやりたいという彼の父親としての優しい気持ちが伝わりました。
 

私がサーフからの釣りをしない理由

 
岐志漁港の外波止の付け根のサーフから孤軍奮闘してキスを釣り上げたH君のことを書いたものの、私はサーフからの釣りは一切しなくなりました。
 
20年程前に志賀島サーフと呼ばれる志賀島に入る付け根の玄界灘側からよく投げ釣りをしていた時期があったんですが、数を釣ろうと思えばサーフもどんどん場所を移動せねばなりませんから、これがまずは大変です。
 
クサフグの猛攻はほとんどどこでも避けられず、仕掛けとエサがいくらあっても足りません。
 
更に足元が砂だらけになり、車の運転席が砂だらけになったこともありました。
もちろん靴を履き替えたりもしましたが、どうにも好きになれなかったのです。
 
私がサーフからの釣りをしない一番の理由は何といっても、クサフグの猛攻なんです。
 
避けようがないほど、どこにでもいるんです。
 
だから、サーフからの釣りは基本的にしなくなったんです。
 
ですが、そのクサフグの猛攻を甘受しながらでも遠くに力いっぱい仕掛けを投げるのが気分爽快!!だというH君に釣り師としての潔さを感じるのです。
 
1投ごとにハリがなくなって怒り心頭で嫌になるのが普通なんですが、H君はそれをも恐れずにやるのですからある意味脱帽です。
 
 

スポンサードリンク







-福岡市近郊の海釣り, 釣りの豆知識, 食べもの
-

Copyright© 安近短の博多の釣りバカなんでんかんでん舌好釣 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.